読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイの晩ごはん

バンコクに移住したアラフォー夫婦。タイでどんな物を食べているのか?どんな物が食べられるのか?こっそりご紹介します。

渋滞を乗り越えて

はてな読者登録をする

こんにちは,タイの晩ごはんです。

突然ですが,タイの交通事情についてです。

バンコクの渋滞についてはご存知の方も多いでしょう。

そう,ひどいんです。渋滞が。

 

もちろん通勤や通学の時間帯によって混むのは分かります。

産業の発達によって車社会になっていくのもある程度やむを得ないでしょう。

でも,バンコクっていつでもどこでも混んでる感じなんですよねぇ(あくまでも個人の感想です)。

 

f:id:dctyk:20170202000203j:plain

 

この写真もラッシュ時間というわけではなく,平日の日中の様子です。

街に活気がある証拠なのかもしれませんが,これでは移動に時間が読めません。

タイ人にとっては多少時間が遅れるのもマイペンライ(問題ないさ)ということなのかもしれませんが,最近はどうもそうとは言い切れない様子。

というのも,バンコクでは鉄道網も発達していて,高架鉄道BTS),地下鉄(MRT),エアポートリンク(ARL)と市内を東西南北に走っているわけなんですが,この車内もすごいんです。

 

f:id:dctyk:20170202001311j:plain

 

まるでラッシュ時の山手線のような様子ですが,これも平日の昼間に撮ったものです。

話を聞くと,タイ人も時間通りに到着できる電車の便利さに気づいたようで,利用者がどんどん増えているそうです。

やっぱり好き好んで渋滞に飛び込む人もいないですよね。

私たちも急いでいるときはもちろん電車を使いますが,普段は結構バスも利用します。

バスの魅力は何と言ってもその安さ!

電車がBTSだと15~52THB(≒¥48~166)に対して,バスは距離に関係なく一律で7~9THB(≒¥20~30。エアコンバスは除く),しかも無料のバス(!)まで走っているんです。さすがは庶民の足。安すぎです。

この日もちょっと遠出をして買い物をしてきたのでバスを使ったんですが,夕方のラッシュにはまってさらに時間がかかってしまいました。

その渋滞を乗り越えて食卓に並んだのがこちら。

 

f:id:dctyk:20170202002408j:plain

 

今晩も半分手作り,半分お惣菜のラインナップになりました。

右下が空芯菜の炒め物。にんにくを効かせて,シーズニングソースで味付けしました。こういうシンプルな料理は味付けも単純にしたほうが美味しいです。

その左隣りが白菜のスープ。

タイにも白菜ありました。ちょっと小ぶりでしたけど。味付けはちょっとエスニック風にニンニクと鷹の爪を少量の油で香りを出して,ほんだしと塩,ナムプラーで仕上げました。和風だしとエスニック風味もちゃんと調和します。日本だとちゃんとカツオと昆布で出汁を取りますが,タイだとちょっと難しいですねぇ。でも白菜の甘味もちゃんと出て満足の味。

その上にあるのがスーパーのお惣菜に並んでいた卵焼きのせご飯。こっちではポピュラーなのか,よく見ます。しかも目の前で作っていることも多い。日本の目玉焼きご飯のような感覚でしょうか?味は普通にご飯と卵焼きの味。ケチャップで頂きます。

そして中央のメイン料理が鶏のロースト。買ってきたのを切っただけです。鶏率高いですね,我が家。傍にチョンと控えているライムを絞って召し上がれ。隣のコールスローサラダ(これは作りました)と一緒に頂くと美味しいです。

 

渋滞にこそはまって少し疲れてしまいましたが,こうして一日の終りにご飯を頂くと疲れもジンワリと抜けていきますね。

やっぱりどこに住んでいても,食は基本のキ。

しっかり食べて明日もまた頑張りましょう!

今日もごちそうさまでした。

 

 

広告を非表示にする