タイの晩ごはん

バンコクに移住したアラフォー夫婦。タイでどんな物を食べているのか?どんな物が食べられるのか?こっそりご紹介します。

豚足はお好き?

はてな読者登録をする

f:id:dctyk:20170514232627j:plain

バンコクブーゲンビリア

 

こんにちは,タイの晩ごはんです。

美味しいのに見た目で敬遠される食べ物ってありますよね。

ナマコやシャコ,白子なんかそうかもしれません。

実際に食べてみると美味しいのに,食わず嫌いで口にしないのはもったいない。

豚足なんかもそうですよね。

見た目がグロテクスなためか,はたまたあまりイメージがよくない(飲み屋の親父?)せいか,特に女性にはウケが悪いですよね。

でもアジアではごく日常的な食材で,スーパーでも普通に売っています。

 

f:id:dctyk:20170514233706j:plain

 

行きつけのテスコ・ロータスでもパックにされた豚足がタイムセールで割引になっていました。

豚足,美味しいんですけど家で料理しようとすると結構手間なのでこれまで買わずにいたんですが,こんなに安いなら買わないわけにはいきません。

さらに安くなっていたものを1パック36B(≒¥115)でお買い上げ。

さて,どう調理しましょうか。

タイ風の豚足の食べ方はよくわからないので,ここはやはり沖縄の豚足料理,テビチの煮付けにしてみましょう。

沖縄でも豚足(テビチ)はよく食べます。

やっぱり文化的には日本というよりもアジアよりですよね,沖縄って。

豚足料理のポイントは下茹でにつきます。

 

f:id:dctyk:20170514234618j:plain

 

鍋にたっぷり水を張って,沸騰したら豚足を投入。

再び沸騰したら中火にし,アクを取りながらクツクツと煮ていきます。

写真を見ると分かると思いますが,豚足の形状が違いますよね。

日本で見かける豚足はいわゆる“手先”の部分ですが,こちらは“腕”の部分。

手先よりもこちらのほうが食べやすいんですよ。ちなみに沖縄の豚足もほぼこの腕の部分です。

このまま1~2時間(できれば2時間)ほど茹でていきます。

あ,蓋はしないでくださいね。豚足の匂いが残ってしまいます。

一度お湯を茹でこぼし,豚足を流水ですすぎ洗いします。

そして再度鍋で茹でていきます。できればさらに1~2時間茹でてください。

こうしてしっかりと下茹ですることで豚足の匂いが飛ぶのと同時に,余計な油も落ちてコラーゲンたっぷり,トロトロの豚足に仕上がります。

下茹でが終了したらもう一度豚足を洗い流し,いよいよ煮付けましょう。

 

f:id:dctyk:20170515000351j:plain

 

お鍋に豚足と大根,だし汁(面倒なら顆粒だしでも大丈夫),酒,砂糖,味醂,醤油を入れて最初は強火,煮立ってきたら中火の弱火にしてそのまま2~30分煮ていきます。

本当は結び昆布も入れたいんですが,タイではちょっと手に入りづらいので今回はパス。

煮汁が半分ほどになって,豚足に照りが出てできたら火を止めて,そのまま冷ましていきます。その過程で味が染みていくんですよね。

食べる直前に温めなおして盛り付けたら完成です。

 

f:id:dctyk:20170515004656j:plain

 

こちらが本日の晩ごはん。

 

f:id:dctyk:20170515004721j:plain

 

テビチの煮付けです。

下茹でから数えると完成まで早くて3時間,しっかり仕上げようと思うと5時間はかかってしまいますね。

原価的にはとてもやすい豚足が,お店で食べるとそれなりの値段になるのもうなづけます。

でも,家で作ればこれで100円位(鍋にまだ残りがあるので)ですから,作りがいはありますよね。

時間がかかるとはいってもそのほとんどは下茹でなので,特別難しいことはありませんし。

ではそのテビチをいただいてみます。

 

うん,美味しい。

 

しっかり下茹でしたかいがあって,テビチはトロトロで,口の中で溶けていきます。

もう少ししっかり茹でると箸でつかむだけで骨が落ちるほどになりますが,今回は時間の関係でそこまで出来ませんでした。次回はしっかり時間をとって仕上げたいですね。

大根も豚足の旨みを吸い込んでテビチに負けない存在感。

これでご飯を食べるのももちろんいいんですが,泡盛と合わせると最高ですね。

焼酎でももちろんいけますので,ぜひ一度お試しください。

 

f:id:dctyk:20170515005454j:plain

 

こちらは豚足と一緒にスーパーで買ったお惣菜。

汁気が多いので,タイ米にかけて食べると美味しいかと思って買ってみたのですが…

 

甘っ!!

 

なんですか,この甘さは。

ゆで卵の揚げたのが入っているのに。

しっかりとひき肉も顔を出しているのに。

激甘なんです。

今これを書きながら,思い出しただけで奥歯がゆるくなってしまうほどの強烈な甘さ。

これ,ご飯のおかずですよね?

タイ料理って辛いのが多いですよね?

こんなに甘くて良いんでしょうか?

後日人に聞いてみたところ,この料理は甘いものなんだそうです。

スーパーの人が塩と砂糖を間違えて入れたわけではないんですね。

タイ料理好きな私も,どんな物も美味しく頂けるという素晴らしい才能を持つ我が妻も,一口くちにしただけでそれ以上食べることはかないませんでした。

いやー,これはちょっと厳しいですね。

天気のいい日に公園を散歩していたら,突然落とし穴に落ちてしまったかのような衝撃。

もちろん,甘いおかずという存在にこっちが慣れていないだけで,平気な人はもちろん大丈夫なんでしょうが,私たちはちょっとダメでした。すみません。

でもいい勉強になりました。

タイ料理,辛いだけじゃありません。幅の広いジャンルなんですね。

でも,この料理は多分もう食べることはないと思います…

 

久々に味わったテビチの煮付けと,初めて出会った激甘タイ料理。

良くも悪くも記憶に残る食卓になりました。

 

今日もごちそうさまでした。

 

 

 

広告を非表示にする