タイの晩ごはん

バンコクに移住したアラフォー夫婦。タイでどんな物を食べているのか?どんな物が食べられるのか?こっそりご紹介します。

バンコクのお土産ならこれ!革製パスポートカバー

はてな読者登録をする

f:id:dctyk:20170619214958j:plain

(軒先のジャックフルーツ

 

こんにちは,1週間ほど更新を滞らせてしまったタイの晩ごはんです。

実は今月末に日本に一時帰国するためにちょっとバタバタしてました。

日本に帰るとなると,お世話になっている人にお土産を買わなければなりません。

というわけで,お土産を買うにも便利な チャトチャックのウィークエンドマーケット で色々と物色していると,とてもいい店を発見しました。

 それがこちら。

 

f:id:dctyk:20170619215525j:plain

 

革製の財布やバッグを扱っているお店です。

恥ずかしながらこれまで知らなかったのですが,バンコクはここ数年で革製品のクオリティがグッと上がっており,かつ安く買えるために革製品目当てでバンコクに訪れる人も多いんだそうです。

そしてこうした店で一番人気,かつ今回オススメしたいのがこのパスポートケースです。

 

f:id:dctyk:20170619220206j:plain

 

自分の好きな本体カラーを選び,名前とワンポイントチャームを入れてもらって,これで100B(≒¥320)。

80B(≒¥256)で "4 Buy Get 1 Free" の店もありましたが,この店がチャームの数や仕上がりのクオリティが一番良さそうだったので,自分たちの分のパスポートケースを造ってもらうことにしました。

 

f:id:dctyk:20170619220638j:plain

 

まず本体を選びます。カラーが豊富なので悩んじゃいますね。

 

f:id:dctyk:20170619220759j:plain

 

続いてチャーム選び。

こちらもとにかく種類が多い!

気に入ったものが見つかるまでじっくり吟味です。

 

f:id:dctyk:20170619220906j:plain

 

最後に注文書に名前とネームカラー(上の写真の1~15まであるやつ)を書いてお店の人に渡せば,10~15分後には完成です。

 

f:id:dctyk:20170619221035j:plain

 

こちらが完成したパスポートケース。

これで100Bなら安いですよね。

自分用にはもちろん,お土産にも最適ですよね。

他にも革製のキーホルダーやスマホケースなどもありましたので,タイのお土産に悩んでいる方はぜひ一度覗いてみてください。かさばらないので荷物にもならないところが最高です。

 

では,今日の晩ごはんです。

 

f:id:dctyk:20170619221540j:plain

 

前回の記事 では試せなかった,白ワインとタイ料理の相性を試してみました。

 

f:id:dctyk:20170619221734j:plain

 

こちらはお馴染みのガパオライス。

テスコロータスで買ってきたお惣菜ですが,安定の美味しさです。

ナンプラーオイスターソースで味付けされた鶏肉は,ビールと合わせるのが鉄板ですが,白ワインはどうでしょうか…

 

うん,頑張ってる。

 

サッパリとした鶏肉とナンプラーの風味を,白ワインの酸味がサッパリと洗い流してくれます。

ステーキを食べた後の赤ワインのように旨さが倍増するというわけではありませんが,オーストラリア産の白ワインとタイ料理が喧嘩することなく,ちゃんと両立しています。

タイ料理と白ワイン,思った通り悪くありませんよ。

 

f:id:dctyk:20170619222326j:plain

 

こちらもタイ人のソウルフード,オムレツライスです。

スイートチリソース風のソースでいただくのがいかにもタイっぽい。

卵料理と白ワインなら合わないわけはありませんが,予想通りタイオムレツにも白ワインしっかりと合わせてくれます。

白いご飯は本来であればお酒には合わないのですが,粘り気のないタイ米にさらにソースで味がつくので,これでもちゃんとしたつまみになります。

 

f:id:dctyk:20170619222739j:plain

 

出来合いのお惣菜だけというわけにもいきませんよね。こちらは鶏手羽のタイ風グリル。

作り方はとても簡単。お酒とナンプラーを1:3位で混ぜ合わせたものに鶏手羽を漬け込んで,あとは焼くだけ。仕上げに黒胡椒をふりました。漬け汁にニンニクのすりおろしを入れても美味しいです。

ナンプラーと赤ワインの組み合わせはイマイチでしたが,白ワインだと問題ありません。

ちょっとクセのあるナンプラーの風味を,柑橘系の香りをもつ白ワインが上手く包み込んでくれます。

ナンプラーとライムの組み合わせは鉄板中の鉄板ですから,白ワインが合うのも納得ですね。

 

白ワインとタイ料理の組み合わせ,やっぱり問題ありませんでした。

でもできれば赤ワインと合うタイ料理も見つけてみたいですね。

パスポートカバーのように,思わぬところに掘り出し物が眠っているかもしれません。

というわけで,ワイン✕タイ料理をめぐる旅路はまだまだ続きそうです。

 

今日もごちそうさまでした。