タイの晩ごはん

日本での仕事を辞めてタイに移住。駐在ではない日本人夫婦の生活をご覧ください

Siamsatoは味醂の代わりになるか?

はてな読者登録をする

f:id:dctyk:20180117215048j:plain

バンコクフェラーリ。本文とは関係ありません)

 

こんにちは,タイの晩ごはんです。

今回は タイ風肉じゃがの作り方 のトピックで宿題になっていた,Siamsato(サイアム・サトー。以下サトーと呼びます)は味醂の代わりになるのか?という件に決着をつけたいと思います。

サトーはタイのコンビニやスーパーで売られている,ごくごく庶民的なお酒。

 同じサイズのビールが60B(≒¥210)ほどするところ,サトーは37B(≒¥125)。タイのアルコールの中では群を抜いて安いお酒です。

ただ,味的には…。正直ウ~ンという感じ。

こちらがそのサトーです。

 

f:id:dctyk:20180117220608j:plain

 

私が初めてサトーを飲んだのはタイに移住する前,旅行で訪れた時のことでした。

コンビニではビールの隣にこのサトーが並んでいて,その値段の安さに引かれて購入しました。

ところが飲んでみてビックリ。

ビールと思って飲んだら炭酸はないし,甘いし,ビールとはまるで別物。まあビールではないので当たり前なんですけどね。

日本酒か白ワインをもっと甘ったるくしたような味わいで,ちょっと飲むには良いんですが,一本空けるのはちょっとキツイ。

ビールと間違えて買ってしまうこのサトー・トラップは,おそらくタイ移住者あるあるの一つではないでしょうか?

ただアルコール度数も低いので,お酒苦手な人が炭酸で割って,ライムなどを絞って飲む分には良いかもしれません。

 

で,このサトー。

日本酒のような味わいとその甘さの特徴を生かして,味醂代わりに使えないか?というのが今回のお題です。

なぜ味醂の代用品が必要か?

タイに味醂がないわけではありません。

地方の様子はちょっとわかりませんが,少なくともバンコクにある日系スーパーのフジや,マックスバリューに行けば味醂は簡単に手に入ります。

ただし,お高い!

300mlの小パックで158B(≒¥537)。

日本で買う場合,例えばamazonで見てみるとミツカンの本みりん300mlは¥227円ですから,何と倍以上。

 

 

物価の安いタイでどうしてこんなに味醂が高いかというと,味醂は『お酒』だからです。

酒税と関税が高いタイでは,味醂もこんなにお高い調味料になってしまうんですね。

余談ですが,本みりんとは同じように売られている『みりん風調味料』もありますよね?

これはお酒販売の規制が強かった時代に,アルコールを扱えないスーパーなどでも販売できるよう,アルコール度数を1%未満にしたものです。

タイではみりん風調味料は見たことないですね。

比べるとやっぱり本みりんの方が美味しくお料理が仕上がるので,値段の差が合っても本みりんを使うことをオススメします。

閑話休題

味醂の原材料はうるち米。サトーの原材料もうるち米と言われている(詳しいことは不明です)ため,代用品になりうるんじゃないかと思うんですよね。

というわけで,サトーが味醂の代わりになるか実際に試してみました。

比較のために同じ料理を,味醂とサトーだけ使い分けたレシピで作ることにします。

料理は何にするか迷いましたが,鶏の照り焼きに決定。

食べなれた料理なので違いも分かりやすいでしょう。

まずは鶏のもも肉に塩コショウ。軽く小麦粉をはたいて下ごしらえ完了。

小麦粉はなくても構いません。

フライパンに油をしいて,鶏肉を皮目から焼いていきます。

皮がパリッとなったら裏返し,フタをして蒸し焼きに。火加減は弱火~中火の弱火くらいで。

鶏肉に火が通ったら,醤油1:味醂1の割合で混ぜた調味液を注ぎます。

醤油と味醂の割合1:1は黄金比で,大抵の料理はこれで味が決まりますので,覚えておくと便利です。

お砂糖を入れるレシピもありますが,個人的には味醂の甘みだけで十分なので使いません。

調味液を煮詰めるように鶏肉に絡ませれば完成です。

同時に別のフライパンでサトー・ヴァージョンも仕上げます。

作り方は全く一緒で,味醂の代わりにサトーを使うだけ。

果たしてどうでしょうか?

 

f:id:dctyk:20180117225930j:plain

 

こちらが味醂を使った普通の照り焼き。

 

f:id:dctyk:20180117230010j:plain

 

そしてこちらがサトーで作った照り焼きです。

見た目はほとんど変わりませんね。

サトーの方も照りがちゃんとついています。

味はどうでしょうか?

まずは普通の照り焼きの方から。

うん,やっぱり美味しい。鶏の照り焼き。

ふっくらとした鶏肉の身に,甘辛のタレが絡んでとても美味しいです。

ではでは続いてサトーの照り焼き。

こちらはどうかな…。

あれ?

普通に美味しい!

美味しいですよ!!

食べ比べてみると,味醂を使った鶏肉の方が若干旨味とコクの深みが強い気がしますが,それは食べ比べて分かるくらいの僅かな差。

サトーの照り焼きも,黙って食べれば味醂を使っていないなんて分からないと思います。

正直,こんなに近い味になるとは思いませんでした。ビックリです。

嬉しい誤算というべきものでしょう。

では結論。

 

サトーは味醂の代わりになります。

 

タイ在住の皆さん,これからはお高い味醂ではなく,サトーで十分ですよー。

サトーを使って,タイでも美味しい和食をドンドン作っちゃってください!

 

今日もごちそうさまでした。