タイの晩ごはん

日本での仕事を辞めてタイに移住。駐在ではない日本人夫婦の生活をご覧ください

バンコクのインスタ映えするおしゃれカフェ「B-STORY」@BTS Rachathewi Station

はてな読者登録をする

f:id:dctyk:20181229110012j:plain

(B-STORYのアイスカプチーノ

 

こんにちは、インスタには全く手を出していないタイの晩ごはんです。

2018年も押し迫る年末、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今日はバンコクの数あるカフェの中でも『インスタ映えする』と評判の「B-STORY」さんにやってきました。

普段はおしゃれカフェと呼ばれるところに足を踏み入れることはほとんどありません。

理由は『コスパが悪い』から。

そんなこと言ったら身も蓋もない感じになってしまいますが、お店のインテリアや装飾も料金の内ですよね。

華やかでかわいらしい店内で快適な時間を過ごせる人は良いんでしょうが、そうではない人もいるわけで。

そんな私が今回「B-STORY」さんを訪れたのは友人に誘われたからです。

 

f:id:dctyk:20181229110721j:plain

 

お店の入り口はこんな感じ。

タイでもしっかりとクリスマス・イルミネーションをほどこすお店が増えてきているようですね。

 

f:id:dctyk:20181229110948j:plain

 

カウンター周りの様子。

店内はこじんまりとした落ち着いた雰囲気。2階にも客席があるようです。

 

f:id:dctyk:20181229111110j:plain

 

ケーキのショーウィンドウ。

ショートケーキは150B前後(≒¥510)でした。

 

f:id:dctyk:20181229111316j:plain

 

こちらがドリンクメニュー。

店内のインテリアは冬らしさを演出していますが、もちろんここは常夏のタイですから、飲み物もアイスカプチーノをいただきました。

 

f:id:dctyk:20181229111549j:plain

 

こちらがアイスカプチーノ85B(≒¥290)。

なんと白クマさんスタイルでやってきました。

これには同席した妻や妻の友人も大興奮。

「かわいくて飲めない!」なんて言っていますが、飲むのは私。遠慮なくいただきましょう。

でも安心してください。

 

f:id:dctyk:20181229111823j:plain

 

カプチーノを飲み干しても、しっかりと形をとどめてくれていました。

グラスに沈む白クマが、なんとなく救出を求めているような気がしなくもありませんが…。

それはともかく、ここ「B-STORY」ではカフェメニューだけではなく、なんとタイ料理も充実しているんです。

 

f:id:dctyk:20181229112706j:plain

 

こちらはお魚の姿揚げ。

香味野菜たっぷりのソースが爽やかです。

 

f:id:dctyk:20181229112821j:plain

 

シーフドと玉子の炒めものです。

具材は海老のほか、カニも使われていて豪華。

これにカレーが入ればまんまプーパッポンカリーですね。とっても美味。

 

f:id:dctyk:20181229115343j:plain

 

タイ料理の王道、トムヤムクン

実はこのトムヤムクンがあまり得意じゃないんですよね。レモングラスの酸味がちょっと苦手で…。

でもここのトムヤムは酸味抑えめ、味わいもマイルド、でも辛味はちゃんとあって美味しい。これなら何杯でもいけちゃいます。

 

カフェなのに本格的なタイ料理もいただける「B-STORY」の場所はこちら。

 

 

BTS ラチャテウィー駅のすぐ側なので、迷うことはないでしょう。

 

友人が誘ってくれたおかげで、守備範囲外のお店を知ることができました。

サービスもしっかりしているし、値段も高くはないし、バンコクでおしゃれカフェを探している人にはおすすめです。

 

今日もごちそうさまでした。