タイの晩ごはん

日本での仕事を辞めてタイに移住。ライターとして生計を立てています。非駐在日本人夫婦の生活をご覧ください。

余分なFireタブレット活用術@デジタルフォトフレーム化への設定方法

はてな読者登録をする

f:id:dctyk:20191223112505j:plain

こんにちは、新型のアマゾンタブレット、Fire HD10(2019)で毎日ご機嫌のタイの晩ごはんです。

Fireタブレットを旧型から新型に買い変えた話はこちらでしましたが、そうすると当然タブレットが1台余ってしまいます。

余ったFireタブレットは簡易スマートスピーカーの「Alexa」として利用可能ですが、デジタル・フォトフレームとして活用するのもおすすめです。

そこで今回は、Fireタブレットをデジタル・フォトフレーム化するための設定方法などをご紹介いたしましょう。

フォトフレーム設定方法①:Fireタブレットを初期化する

f:id:dctyk:20191223113603j:plain


まず最初に、旧いFireタブレットを初期化しましょう。

初期化することによって余計なアプリやデータもまっさらになり、旧型のタブレットでも軽快に動作するようになります。

 

【設定方法】

  1. 画面上からスワイプし、歯車型のアイコン「設定」をタップ。
  2. メニューの中の「デバイスオプション」をタップ。
  3. バイスオプション一覧から、「工場出荷時の設定にリセット」をタップして初期化する。
  4. 初期化が終了したら、再度初期設定を行う。

 

フォトフレーム設定方法②:「Amazon Photos」の自動アップロードをオフにする。

f:id:dctyk:20191223120232p:plain

 

デジタル・フォトフレームには、Amazon謹製の「Amazon Photos」を利用します。Googleフォトアプリや専用のアプリを利用してもいいのですが、Amazon Photosで十分。というよりも、フォトフレームとしての利用ならAmazon Photosが最もおすすめです。

写真ビューア・アプリにはPCやスマホ内の写真を自動的にアップデートする機能がありますが、Amazon Photosのこの機能をカットしておきましょう。そうしないと、不必要な写真まで勝手にアップロードされてフォトフレームに表示させてしまいます。

 

【設定方法】

  1. Amazon Photosアプリを立ち上げ、画面右下の「その他」をタップ。
  2. 一覧の中から「設定」をタップ。
  3. メニュー内の「自動保存」をタップ。
  4. 「写真」と「ビデオ」の自動保存をオフにする。

 

フォトフレーム設定方法③:写真をダウンロードする<Googleフォト活用編>

f:id:dctyk:20191223115701j:plain

 

続いて、フォトフレームに使用する写真を用意していきましょう。

まずは、利用者が最も多いと思われる「Googleフォト」からのダウンロード方法です。

 

【設定方法:PC】

  1. Web版 Google フォトから、ダウンロードしたい写真を指定する(複数・一括指定可能)。
  2. 画面右上にある「 ⋮(設定)」をクリックし、「ダウンロード」をクリック。指定フォルダに写真をダウンロードする。

ここで注意していただきたいのが、写真のダウンロード先。Google フォトのアップローダーで自動バックアップを設定しているPCのフォルダ(「ピクチャなど)にダウンロードしてしまうと、Googleフォトに同じ写真が2重に保存されてしまいます。自動バックアップに指定してないフォルダ(「ドキュメント」など)にダウンロードしてください。

 

フォトフレーム設定方法④:写真をAmazon Photosにアップロードする

続いて、ダウンロードした写真をAmazon Photosにアップロードします。

 

【設定方法】

  1. Web版 Amazon Photosを立ち上げ、サインインする。
  2.  画面右上の「追加」をクリックし、「写真をアップロード」もしくは「フォルダーをアップロード」から、PCにダウンロードした写真を指定してアップロードする。

 

フォトフレーム設定方法⑤:Amazon Photos活用編

f:id:dctyk:20191223130525p:plain

 

写真のクラウドデータ保存先として、「Amazon Photos」を利用している方もおられると思います。アマゾンプライム会員なら無制限のフォトストレージが利用可能です。

 Amazon Photosユーザーであれば、写真を改めてダウンロードする必要はありません。代わりにフォトフレーム用の「アルバム」を作成しましょう。

 

【設定方法:PC・アプリ共通】

  1. メニューから「アルバムを作成する」をタップし、好きなタイトルをつける。
  2. 「写真を追加」から希望する写真を指定し、アルバムに追加する。

 

フォトフレーム設定方法⑥スライドショーを起動する

では、いよいよフォトフレームを起動させましょう。

FireタブレットからAmazon Photosアプリを立ち上げ、写真を表示させます。

Googleフォトから写真をアップロードさせた場合は、右上のメニューから「スライドショー」をタップするとスライドショーが始まります。

Amazon Photosを利用の際には、画面下の「アルバム」をタップし、スライドショー様に作成したアルバイ内から画像を表示、スライドショーをスタートさせます。

 

スライドショー表示中に画面をタップすると、様々な設定変更が可能です。

 

【スライドショー設定内容】

  • 表示スピード:遅い、普通、早いから変更可能。
  • 表示方法1:ランダムと順送りに切り替え可能。
  • 表示方法2:「パン&ズーム」か「ディゾルブ(オーバーラップ)」から選択可能。

 

Googleフォトのスライドショー機能では、写真を順番にスライド表示させるだけですが、Amazon Photosではこのように様々な設定変更が可能。これがスライドショーアプリとしてAmazon Photosをおすすめする大きな理由となっています。

 

フォトフレーム設定方法⑦:「Alexa」も利用可能

f:id:dctyk:20191223135009j:plain

 

スライドショー表示中でも、スマートスピーカーの「Alexa」が利用可能です。

Fireタブレット画面を上からスワイプし、メニュー内の「Alexaハンズフリー」をオンにしてください。

スライドショーを表示させるために、「Showモード」はオフにしておきましょう。

Alexaで音楽や天気予報などを表示させている場合でも、「アレクサ、アマゾンフォトに戻って」と言えば、再びスライドショーが立ち上がります。

 

買い替えなどで不要になったFireタブレットも、デジタル・フォトフレームとしてまだまだ利用可能です。

さらに、フォトフレームとして常時Fireタブレットを立ち上げておけば、Alexa端末としての利便性も向上して一石二鳥。

これまで不要になったタブレットをデジタル・フォトフレーム化するために様々なアプリを試してきましたが、FireタブレットAmazon Photosが最強な気がします。

 

今回の記事を参考にして、ぜひFireタブレットデジタルフォトフレーム&Alexa端末として活用してください!