タイの晩ごはん

日本での仕事を辞めてタイに移住。ライターとして生計を立てています。非駐在日本人夫婦の生活をご覧ください。

家呑みもはかどる!簡単タコの唐揚げのつくりかた

はてな読者登録をする

こんにちは、タイの晩ごはんです。

タイに住んでいると、どうしてもシーフードが恋しくなります。タイはシーフードがちょっとお高いんですよね。

そんなタイでもワリと安価に買えるのが、タコ。ただし、日本のように刺し身で食べられる鮮度ではありません。

そんなタコでも美味しくいただけるのが、タコの唐揚げです。

このように、バンコクのローカルスーパーでもタコ足は比較的気軽に購入可能。

(と、思ったら…。詳しくは、追記をご覧ください)

しかも、結構でかいんですよね。

この費購入したタコ足は、このようにまな板からもはみ出るほどの大きさ。

これで53B(≒¥190)なので、お買い得。

これをタコ足にすべく、調理していきます。

まずは全体に塩をふって、ぬめりを取りましょう。

水洗いした後、タコ足を茹でていきます。

鍋にたっぷり水を張って、沸騰したところにタコ足を放り込みます。

蓋をして火を止め、そのまま10分放置。10分たったらひっくり返してさらにもう10分。

時間はタコ足の大きさで調整してください。揚げるときにも火が入るので、この時点では半生くらいでも構いません。

茹で上がったら、まな板などに上げて予熱を取ります。水分が抜けてだいぶ身が引き締まりましたね。

ある程度冷めたら、ぶつ切りにして、後は鶏の唐揚げと同じ要領で下味をつけます。

ちなみに我が家の唐揚げだと、

  • 醤油大さじ2
  • 酒大さじ1
  • すりおろしにんにく2欠け
  • 同量のすりおろし生姜

これだけ。

30分ほど下味をつけたら、始めに片栗粉、その上に小麦粉をまぶします。こうすることで、カリフワな食感を実現できます。

後は揚げるだけ。タコにある程度火は入っているので、表面がカラリと上がればOK。

ビールがどんどん進んじゃう、タコの唐揚げの完成です。

大きなタコ足を使ったので、一粒も大きくて食べごたえも十分。身は柔らかくてプリプリ。カリフワの衣の食感と相まって、箸が止まりません。

鮮度がイマイチなタイのタコでも、つけ汁に漬けて唐揚げにすることで、日本で食べるのと遜色のないタコの唐揚げになりました。

日本では茹でたタコを使えば良いので、さらにお手軽ですね。

 

料理はもちろん食材が第一なのですが、イマイチなものでも工夫すれば美味しくいただけます。

日本の皆さんはもちろん、タイ在住でシーフードに飢えている方も、今夜の晩酌のお伴にタコの唐揚げはいかがですか?

 

今日もごちそうさまでした。

 

【追記】

Twitterのフォロワーさんから、衝撃の事実を教えていただきました。

このタコ、実は「アメリカオオアカイカ」とのこと。

つまり、タコではなくイカだったのです!

ガ、ガ~ン…。

全く気が付きませんでした。ひと目見て「あ、タコ足だ!」と思ったら、タコにしか見えなかった。

思い込みって怖すぎる…。

でも、実際に唐揚げにするとタコ足そのものなんですよ。

自分の舌がおかしいのか?と思ったら、アメリカオオアカイカをダシで煮て、たこ焼きなどに使うこともあるんだそう。

さらに買ったときに写真を確認してみたら、パッケージにはタイ語で「ปลาหมึกยักษ์(タコ)」と表記しており、その下には英語で「squidイカ)」と書いてありました。

どっちやねーん!

というわけで、我が家では今後もこれを「タコの唐揚げ」と呼ぶことにします^^;

正しい情報を教えてくれたフォロワーさんには、改めて感謝。