タイの晩ごはん

日本での仕事を辞めてタイに移住。駐在ではない日本人夫婦の生活をご覧ください

VPNでは視聴できない!【2018年版】海外でAmazonプライムビデオやHuluを見る方法@Smart DNSは無料で利用できる?

はてな読者登録をする

 

f:id:dctyk:20181009144550j:plain

Amazon プライム・ビデオ)

 

こんにちは、タイの晩ごはんです。

海外在住者にとって、日本のTV番組や映画などを視聴する方法はとっても大事。

最近はYoutubeなどを利用している人も多いようですが、著作権の問題などもあっていつでも好きな番組が見られるというわけではありません。

そんな中タイ在住の筆者が利用しているのがAmazonが提供している「Amazon プライム・ビデオ」。

でもそのAmazon プライム・ビデオを取り巻く環境が大きく変わっているんです。

 

Amazon プライム・ビデオとは

Amazon プライム・ビデオとは、Amazonのプライム会員が利用できるサービスの一つ。

Amazonプライム会員は、年間3,900円もしくは月額400円(いずれも税込)の料金でアマゾンで購入した商品のお急ぎ配送のほか、プライム・ビデオやプライム・ミュージック、Amazon フォト、Kindleオーナーライブラリーなどのデジタル特典を追加料金なしで利用できます。

お急ぎ便が利用できない海外在住者にとっても、こうしたデジタルサービスが利用できるのでお得感が強いんです。

たとえば、同じような動画配信サービスのHuluの月額料金が933円、Netflixが800円~ということを考えると、Amazon プライム会員のコスパの高さがわかると思います。

最終的には見たいコンテンツがあるかどうかが大きなポイントにはなりますが、動画以外にも音楽配信サービスまで利用できるAmazonプライム会員特典をここ数年利用しています。

Amazon プライム・ビデオは海外からは利用不可?

ところがこのAmazon プライム・ビデオ、一部のコンテンツを除いて、海外からは基本的に利用できないんです。

例えば、最近配信が始まった「孤独のグルメ シーズン7」を視聴しようとすると、次のように表示されます。

 

f:id:dctyk:20181009150906p:plain

 

「現在の場所では、このタイトルをご利用いただけません」

とありますね。

おそらく権利関係の理由からだと思われますが、これだとせっかくのプライム会員特典も意味がありません。

しかし、その問題をクリアするための方法があったんです。

それがVPNを利用すること。

VPNとは

f:id:dctyk:20181009222328j:plain

 

VPNとはVirtual Private Networkの略で、ごくごく簡単に説明すると、離れた場所を仮想的なネットワークで結ぶ技術のことです。たとえば、会社の支社間をVPNで結び合わせれば、一つの社内LANにあるかのように、データなどのやり取りを安全に行うことができるんですね。

この技術を応用して、海外にいる人がVPNで日本にアクセスすれば、ネットワーク的には日本にいるのと同じ状況になり、日本国内でしか利用できないAmazon プライム・ビデオやTVerなどのサービスも海外から利用できるようになるわけです。

(他にも、中国国内からVPNを利用してGoogleのサービスを利用している人も多い)

VPNを提供している企業は様々あり、利用料金もピンキリですが、無料で利用できるVPNサービスも存在します。

そうしたサービスを使って、海外在住者はAmazon プライム・ビデオを利用してきたわけです。

…これまでは。

VPNAmazon プライム・ビデオが利用できなくなった?

実は最近、アマゾンのVPNに対する締め付けが厳しくなり、VPNを経由してのプライム・ビデオの視聴ができなくなっているんです。

ネットなどでは現在でもAmazon プライム・ビデオを海外から利用するための方法としてVPNを推奨しているサイトが多く見受けられますが、2018年10月現在、こうした方法でAmazon プライム・ビデオを視聴することはできません。

TVerなどは引き続きVPNで利用可能)

そのVPNに代わり、海外でAmazon プライム・ビデオを利用するための新たな方法が「Smart DNS」というサービスを利用するというものです。

Smart DNSを利用してAmazon プライム・ビデオを視聴する方法

f:id:dctyk:20181009222745j:plain

 

Smart DNS Proxyはアメリカのグローバルステルス株式会社が提供するプロキシサービスで、このSmart DNSを利用することによって、海外からでもAmazon プライム・ビデオを視聴することができるようになります。

さらに、筆者は利用していないため詳細について語ることはできませんが、Smart DNSAmazon プライム・ビデオ以外にもNetflix、Hulu、Spotifyなどの動画配信サービスもサポートしています。

これらのサービスを利用していて、VPNではカバーできなくなった、という人も試してみる価値はありますね。

しかも、全ての通信情報を暗号化するVPNと違って、Smart DNSはユーザーのIPアドレスのみを隠すため、VPNほど通信速度が低下しないというメリットもあります。

そんなSmart DNSの利用方法については、こちらのブログを参照してください。

 

 

こちらのブログでも説明されていますが、Smart DNSはメールアドレスの入力のみで14日間お試しで利用することができます。

まずは無料登録で試してみて、うまくいくようであれば本登録すると良いでしょう。

Smart DNSは無料で利用できる?

Smart DNSは一ヶ月$4.9から利用できますし、長期契約を結ぶと、最大で月$2.08までディスカウントされます(2年契約時)。

ただ、そこまでは利用しないなー、という方もおられるかもしれません。

そういう方は、Smart DNSを無料で利用することも不可能ではありません。

上でも説明したように、Smart DNSは14日間の無料トライアウト期間が存在します。

通常、こうした無料のお試しサービスはクレジットカード情報の入力が求められることが多いんですが、Smart DNSはメールアドレスの登録のみでOKです。

 

ということはですよ。

 

14日の無料トライアウトが終了した後、別のメールアドレスで登録すれば、再び14日間無料で利用できるようになるわけです。

しかも、始めの面倒な設定も必要ありません。

本当にメールアドレスのみで利用できちゃうんです。

もちろんこれは裏技的な方法であり、当ブログも利用を推奨しているわけではありません。

今後アマゾンがSmart DNSに対してもVPNのように対抗処置を取るかもしれませんし、Smart DNSもいつまでこうした形での無料トライアウトを続けるかは分かりません。

あくまでも自己判断・自己責任で利用なさってください。

いちいちメールアカウントを取得するのも面倒だという方は、ぜひぜひ本登録してSmart DNSをご利用ください。

月々500円ほどで利用できるわけですからね。

まとめ

海外在住者にとって、日本のTV番組や映画(日本語字幕含む)を見られるAmazon プライム・ビデオのような動画配信サービスは本当にありがたい存在です。

できれば地域に関係なくどこでもこうしたサービスを利用できるのが一番なのですが、現状ではこうした回避策を取らざるを得ません。

今回の記事がタイだけではなく、海外で生活する方の助けになれば幸いです。