タイの晩ごはん

バンコクに移住したアラフォー夫婦。タイでどんな物を食べているのか?どんな物が食べられるのか?こっそりご紹介します。

バンコクのバス攻略法と激ウマ牛骨ラーメン

はてな読者登録をする

こんにちは,タイの晩ごはんです。

バンコクの庶民の足といえば何と言ってもバスです。

ただこのバス,異邦人にとっては敷居が高いのもまた事実。

とにかく路線の本数が多く,また停留所にも路線図というものがないため,何に乗って良いのか皆目見当がつきません。

 

大きな書店に行けば日本語で書かれた路線図も売っているのですが,これもちょっと分かりにくい。

ただ,IT化の波はここバンコクにもしっかりと押し寄せています。

バンコクバス初心者でも,スマホを使えば簡単にバスに乗れてしまうんです。

今回はその方法をお伝えしたいと思います。

(ちなみに本文中の説明はすべてandroid環境下で行っています。ご了承ください)

 

まずはこのアプリ。

BMTA(Bangkok Mass Transit Authority)です。

 

f:id:dctyk:20170207231736j:plain

 

このアプリの特徴は何と言ってもBMTA,バンコクバス公社公式アプリということです。

公式だけに,路線も最新の情報で,バス停も正確(これについては後述します)に表示されています。

タイ語だけではなく英語にも対応しているため,タイ語が読めなくても利用可能。

アプリを起動するとホーム画面が出ます。

 

f:id:dctyk:20170208001905j:plain

 

4つ並んでいるアイコンの一番左,地球のマークをタップして,英語を選択してください。上のような英語表記に変わります。

まずは右上の“Bus Stop"のアイコンをタップしましょう。最寄りのバス停が表示されます。さらにそのバス停をタップすると,そのバス停で乗車できるバスの一覧が出てきます。数字がバスの路線番号。

 

f:id:dctyk:20170208001953j:plain

 

そのバスがどこに向かうかを調べるには,ホーム画面に戻って”Bus Line"をタップして番号を入力すると,そのバスの路線図を見ることが出来ます(地図の拡大縮小ももちろん可能)。

 

f:id:dctyk:20170208002658j:plain

 

赤い線がそのバスのルートですね。ちなみに右上のバスのアイコンはその路線内のバス停を,建物のアイコンはランドマークの表示をさせるためのものです。通常は邪魔になるのでオフにしておきましょう。

目的地までどのバスに乗ればいいか調べるためには,ホーム画面の真ん中右,“Streets and Landmarks"をタップしましょう。

一番左上の虫眼鏡のアイコンをタップして目的地(もしくはその近くのランドマーク)を入力すると,現在地から目的地まで向かうバスの一覧が出てきます。

 

f:id:dctyk:20170208003608j:plain

 

バスの番号と運賃,距離などが表示されます(Airとあるのはエアコンバスのこと)。それぞれのバス番号をタップすると,地図が表示されて追跡も出来るので,どこで降りたら良いかも確認できます。便利ですね。

このアプリの残念なところは,一番重要な目的地までの行き方が検索しづらいことです。ランドマークを指定するにもそもそもそのランドマークが分からなかったり,全ての建物(ランドマーク)がこのアプリ内で検索できるわけではないので,らちが明かないことが多いんです。かと言ってバスの路線をいちいち全て確認するのも面倒ですし。昨年出来たばかりのアプリのようですので,今後のバージョンアップに期待です。

じゃあ一体どうすれば良いのか?

今のところ一番使いやすいアプリがこれ。

Google Mapです。

 

f:id:dctyk:20170208005038j:plain

いまさら説明するまでもない定番アプリですので細かい説明は省きますが,これがバスに乗る時も重宝するんです!

何より目的地の検索が簡単なのがとっても便利です。目的地を日本語で入力しても良いですし,地図上でタップしてもOK。後は目的地までの交通手段がそれぞれ表示されます。

 

f:id:dctyk:20170208010058j:plain

 

上の写真ではBTSとバスが表示されていますね。後はバスのルートをタップすれば,目的地まで案内してくれます。簡単。

ただ注意していただきたいのは,Google Mapは目的地までの最適ルートを提示しているため,その他のバスが表示されないということです。上の例で言うと,バスは2,501,508番となっていますが,実際にはそれ以外のバスも通っています。そのバスをみすみす見逃すのももったいないですよね。ではどうするか?実はそれを解決する方法があるんです。

目的地を検索したら,地図上でそこから最寄りのバス停を探してそのバス停をタップしてみてください。そうするとそのバス停を利用するバスの一覧が出てくるんです。

 

f:id:dctyk:20170208012743j:plain

 

先程の写真と比較してみてください。2,501,508番以外のバスも停車することがわかりますよね?後は同じように現在地の最寄りのバス停をタップして,両方に一致する番号のバスに乗れば目的地まで無事に到着できるというわけです。

これならタイ語が出来なくてもバンコクのバスを自由自在に乗りこなすことが可能になります。実際私もこの方法に気づいてからバスでの移動がグッと楽になりました。皆さんのお役にもたてれば幸いです。

(一つだけ注意点。Google Mapはバス停の位置がずれていることがあります。その際にはBMTAのアプリを使って下さい。正確な場所が分かります)

 

今日はそのバスを利用して食べられる,地元のお薦めの食堂をご紹介します。

場所はBTSパヤタイ駅から歩いてすぐ,バス停が目の前(路線番号29,34,36,54,59,140,163,172)の『Patumwan Restaurant』です(Google MapではPatumwan Restaurant Phayathai で検索)。

 

f:id:dctyk:20170208021205j:plain

 

見た目の通り100%ローカル食堂ですが,ここで頂けるのがこちら。

 

f:id:dctyk:20170208021315j:plain

 

センレック・ヌア・ナーム(細麺の牛骨ラーメン)です。

メニューも全てタイ語ですが,表に料理の写真もあるので指差し注文も可能。

これが,すんごい美味しいんです!

麺はタイでおなじみの普通のお米の細麺なんですが,スープの味が!あっさりしているのに深い味わいで,美味しさが脳天まで突き刺さります。

タイ料理ですから,スープは旨みと甘みと酸味と辛味が重なり合って,その調和が抜群なんですよね。

しかも乗っかている牛肉がゴロゴロ大きくて柔らかくて,しかも骨付きなので,これだけでも単品の料理として出せるんじゃないかと思うほどの美味しさ。

もちろんこのままでも十分に美味しいんですが,タイ料理のお約束,テーブルの上の調味料を使ってさらに自分色の味に仕上げるのも楽しい。

 

f:id:dctyk:20170208021354j:plain

 

これで60THB(≒¥192)。信じられない安さですがこれがタイ基準。幸せです。

 

バスを使えば行動範囲も広がって,さらに美味しいものを探し求めることが出来ます。

バンコク中を食べ尽したいですね。

今日もごちそうさまでした。